新サイト用


●子育て支援

安心して仕事が出来るように。




●子育て支援 社会環境の変化により、子育てを支える保育所の役割は重要になっており、次世代育成支援行動計画に基づいた保育体制の充実を図っている。低学年の児童を持つ家庭において保護者が安心して仕事が出来るよう、放課後保育に欠ける児童を対象に、福島小学校の空き教室を利用して学童保育を実施している。



●高齢者支援

皆の温もりもらって、自立感






●高齢者の一人暮らしや夫婦だけの世帯が 増えている。高齢者が積極的に健康維持に取り組み、自立意欲を養う機会づくりを進めている。介護予防や生活支援・自立支援の一貫としてふれあいスポーツ大会・温泉優待事業・敬老会などのほか、既存の施設をフル活用しながら介護予防や生活支援の充実を図っている。

●健康フェスティバル 健康でいきいき暮らすことは家族皆の願いであり、毎年9月の第一日曜日に健康をテーマとした健康フェスティバルを行っています。福島医歯会、健康づくり推進員などの民間が中心となって、健康イベントを通じて住民の健康意識の高揚に努めます。


●健康フェスティバル

 

●ニーズに即した保育事業
子供の挙動から、愛を学ぶ。


社会的な少子化傾向の波の中で、幼児人口が減少している反面 、共働き家庭や母子家庭は増加傾向にある。このような状況を踏まえて、保育時間の延長の他、時間差出勤などにより一時的に家庭保育が困難となる児童に対しての「一時保育事業」を実施します。社会傾向の変化によって支援サービスのニーズが変化することを踏まえ、支援メニューづくりをきめ細かに進めます。



                  



●障害者自立支援

積極的に機会づくり


●障害者自立支援 地域活動支援センターを中心に、障害者とそれを支えるボアンティアの交流の輪が広がりを見せており、自立に向けた就労意欲を促し、障害者が地域で自立できるよう支援しています。

● 健康づくり支援 健康ウォーキング教室、健康料理教室及び国保へルスアップ事業を積極的に展開し、健康増進及び疾病予防対策を通じて将来的な医療費増加の抑制に努めている。高齢者の方々ができる限り健康で、生き生きとした生活を送ることができるよう、地域包括支援センターを中心に介護を推進します。