新サイト用

         

     

 HOME>>見る・遊ぶ>>郷土芸能 
白符荒馬踊り(しらふあらうまおどり)
 福島町白符に伝わる踊りです。室町時代に津軽からニシン漁に従事するために渡ってきた人々の往来や文通を通して伝承されたと考えられており、「荒馬踊り」、「棒振舞」ぼうふりまい、「やせやせ踊り」、「杵振舞」きねふりまいの四つの踊りで構成されています。これらの所作や音曲には、青森のねぶたのハネトと共通の要素が見られます。
 踊り手は、福島町立白符小学校児童でしたが、児童数の減少による白符小学校廃校に伴い、児童による踊りは現在では披露されていませんが、卒業生などの踊り手が集まれば7月に行われる白符大神宮祭(白符七夕祭り)で披露される年もあります。
 
 

   
  荒馬踊り  棒振舞
   
 やせやせ踊り  杵振舞
 白符荒馬踊りが見られるイベント  白符七夕祭り
⇒詳しく
 白符荒馬踊り
 お問い合わせ  福島町教育委員会生涯学習グループ  電話 0139-47-3675
(平日 午前8時30分~午後5時)
 
 
 ◆観光協会概要  ◆このサイトのご利用について  ◆お問い合わせ
 福島町観光協会 〒049-1392 北海道松前郡福島町字福島820 TEL:0139-47-3004  FAX:0139-47-4504